プログラム

9月9日(金)

第1チャンネル

Time table.png

9:00〜11:00 

 Part1:Overview of coronary circulation

循環の基礎・冠動脈血流は如何に調節されているか 

CFRとFFR、iFRの概念、類似点と相違点

最大冠拡張誘発方法とその問題点

微小循環障害を評価する

冠攣縮を見直す

冠側副循環評価の重要性

11:05〜11:25 モーニングセミナー1

  Invasive FFR wireに求められる特性

共催:ボストンサイエンティフィックジャパン(株)

11:30〜13:10 

 Part2:FFR for routine clinical use

 FFR、resting indexとangio、IVUSとの相違 

 FFR計測のピットフォール

 FFR topics 2022

 Pressure pullbackをいかに臨床に活かすか

 J-CONFIRM registryからのメッセージ

113:20〜14:10 Luncheon Seminar 1

 包括的機能診断が創り出す世界 ~CMD~

共催:アボットメディカルジャパン(同)

14:15〜15:25 

Part3:Resting index for routine clinical use

 wave intensity analysis とiFRの概念 resting   

  physiology

 resting index計測のピットフォール

 IFR以外の安静時指標 RFR DPR DFR    

 iFRエビデンスと『Pre-PCI』iFR coregistration

  guided PCIの可能性

15:55〜18:21 

Part4:FFR and resting index in specific lesion subset

 Physiology guide PCI for LMTD update 2022

 ・ACS

 bifurcative lesion

 diffuse and tandem lesion

 Chronic kidney disease HD patients

 Physiology guide CABG

 FFR and plaque vulnerability

 HFpEFをphysiologyで探る

118:25-19:25 特別講演1

 Comprehensive assessment of coronary

   physiology for understanding coronary

  ischemia      

    Javier Escaned(Hospital Clinico San Carlos Spain)

第2チャンネル

9:00〜10:20 

 Part1:非侵襲的画像診断2022

 SPECT perfusion を用いたprecision medicine

 PET perfusionで心筋虚血を評価する

 CT perfusionで心筋虚血を診る

 MR perfusionでどこまで診断できるか

10:50〜12:20 

Basic and Clinical Impact of FFRCT

 ・基調講演

  (Current status of FFRCT in the world)

 ・Digital Revolutionがもたらす新たなCCS診療

 ・三井記念病院のCCS診療を変えた FFRct 300例の経験

 

  総合討論

12:25〜13:10 招聘講演

state of art risk stratification of CAD patients by physiology and imaging     

   Ban Kwon Koo(Seoul National University

            College of Medicine)

113:20〜14:10 Luncheon Seminar 2

 

   演者:仲間 達也(東京べイ・浦安市川医療センター) 

共催:アシスト・ジャパン(株)

14:15〜16:15 

 Part 3:State of art lecture about

 vulnerable plaque

 ・MDCT

 ・FFRCTを用いた血行力学的因子評価 

 ・Molecular  vulnerable plaque imaging 2022

 ・Vulnerable plaque imaging by MRI

 ・OCT

 ・NIRS

16:45〜17:45 

 Part4:血管造影、血管内イメージングよ

 りFFRを算出する

 ・QFRの最新情報2022

 ・FFRangio最新情報2022

 ・IVUS and OCT derived FFR

第3チャンネル

9:00〜10:00 一般演題1「OCT」

M-001 4Frシステムを利用したOCTガイド下経皮的冠動

    脈インターベンションを施行した一例

M-002 特発性冠動脈解離へのPCI後の治癒過程をimaging

    で経時的に捉えた一例

M-003 OCT guided Orbital atherectomy system
    -合併症を最小限に、Atherectomyを最大限に-

M-004 PCIの治療戦略の決定にOCTが有用であったLotus

    Root を伴う1例

10:05〜11:05  一般演題2「FFR・その他」

M-005 FFRangioとwire based FFRのmismatchを認め

    たACS残存狭窄の一例

M-006 PCI後の生理学的指標が多様な変動を示した4症例

    についての検討

M-007 FFR-angiograpyを用いてPCIを施行した症例

M-008 当院におけるDCAとDCBを用いたStentless PCI

    の治療成績

11:10〜12:10 YIA

Y-001 新規冠動脈病変における薬剤コーティングバルーン

    による治療後の生理学的評価の重要性についての検討

Y-002 待機的PCI前に存在するUnrecognized

    myocardial infarctionと予後との関係

Y-003 ダイナミック心筋CT perfusion検査における4D

    similarity filterの有用性について

Y-004 安定冠動脈病変に対するPCI前後のFFRとCFRを用

    いた複合評価とその臨床的意義

12:15〜13:05 

 ビデオライブ1

​ Virtual FFR (FFRangio)live

共催:キャスワークス・ジャパン(同)

113:20〜14:10 

 ビデオライブ2

心原性ショックの多枝疾患STEMI に対するカテーテルインターベンション

共催:日本アビオメッド(株)

14:15〜15:35 

 虚血性心疾患に対するState of art PCIを考察する

・Physiology guide PCI

IVUS guide PCI

OCT guide PCI

PhysiologyとimagingをComplex interventionで活用

 する(SyntaxⅡstrategy)

 

16:05〜17:45 

 虚血性心疾患に対するState of art OMTを考える

高血圧

糖尿病

脂質異常症

タバコを甘く見ていませんか?

抗血小板療法・抗凝固療法

15:40〜16:00 表彰式

16:20〜16:40 アフタヌーンセミナー1

Onyx ONE Clearから考える至適DAPT期間とIFU改訂の意義

共催:日本メドトロニック株式会社